チャールストン(サウスカロライナ州)

サウスカロライナ州チャールストン|これがアメリカのBBQだ!「ルイス・バーベキュー」【大行列の人気店】

肉って奥深い。グルメピエロ(オス)です。

河原でやるBBQ(=バーベキュー)にはもう戻れません。BBQに対する考え方を変えてくれたのが、サウスカロライナ州チャールストンにある「Lewis Barbecue(ルイス・バーベキュー)」です。本場テキサスの味を普及すべく、現地で育ち修行を重ねた店主が営むお店です。アメリカのBBQと言われたらめちゃくちゃ大量の肉が出てくる気がしますが、このお店では自分で量を決められ、いろんな種類のお肉をちょっとずつ楽しむことができます。様々な調理法で出来上がった絶品肉を堪能あれ!!

Lewis Barbecue(ルイス・バーベキュー)

そもそもBBQってなんなんだ?

BBQ(=バーベキュー)の定義、色々ありますが、アメリカにくる前のグルメピエロは河原など屋外で火を起こして肉を焼くことをBBQだと思っていました。大雑把には、外でやる焼き肉はBBQだと思っていました。日本のBBQ協会的なサイトを見てもだいたいこの認識でした。

本場のアメリカでは違います。ローストやスモークなど様々な調理法を使って、時間をかけて肉を調理するのが、アメリカ流BBQなのです!美味い肉さえ買えれば絶対に失敗しない焼肉と違って、テクニックが生きてくるのが本場アメリカのBBQ。

ちなみにBBQ(=Barbecue)の語源はスペイン語で丸焼きを意味するbarbacoa(バルバッコア)だそうです。

アクセス

ルイス・バーベキューがあるのは、チャールストン中心部から車で10分もかからないくらいの場所。空港が近いので、行き帰りに立ち寄ってもいいかも!

オシャレな雰囲気もあるバーベキュー。駐車場はこのお店の目の前と、その隣にももう一つあります!

量り売りBBQ

ルイス・バーベキューのオキテ。まずは列にならんで肉をゲットしましょう。店内も店外も、かなりの席数があったので並んでからでも大丈夫そうでした。

店内にはバー席もある!ここではお酒を出してくれます。

金曜日の13時すぎ、大行列です!!!

けど回転が早いので、そこまで並びません。

お肉は量り売り!メニューには「Order as much or as little as you’d like」との表記。つまり、いろんな種類をちょっとずつ注文できる!これは嬉しい。

あと、バーガーの種類も充実していました。

Beef Brisket(ビーフ・ブリスケット)を頼むと、「Lean or Fatty?(低脂肪か高脂肪か?)」と聞かれます。ここは是非ともFattyと答えましょう!! 

ブリスケットは前足の内側、胸肉です。ドデカくて重い牛の体重を支えることから筋肉が多くて肉質は硬いのが特徴です。ネブラスカから仕入れたというこの肉を余計な脂を削ぎ、ブライン液(一般的には塩と砂糖を溶かした水ですが、ニンニクやローリエなども入っているそう)を肉に注入した上で、さらに3日ほどブライン液に漬け込むそうです。その後、マスタードソースを纏わせ、コリアンダーやマスタードシードなどの入ったラブ(混合スパイス)をかけます。長時間低温で調理し、筋肉繊維を壊して柔らかくしていくのだそう。

そうやってできたのが、このブリスケット。うまいと確信する出立。そしてこれはFattyの方です。お姉さんが、お肉を取り出してカットしてくれます!お肉はそれぞれ4分の1ポンドずつ注文!

スペアリブも!

外席はこんな感じ。ここだけじゃなくて、この裏手にも席あります。左側の建物で肉を調理しています。香りが漂ってくるので、その近くで食べるとさらに楽しい。

絶品BBQ

ジャーン!!!豪快にトレーに乗っけてくれるのが良い。量り売りの肉は、全部4分の1ポンドです。

「Sliced USDA Beef Brisket(ビーフ・ブリスケット)」(1ポンド$24)。手前のお肉です。Fattyを選んだやつ。これがスーパーうまい。見た目上は形を残してますが、口に入れたらすぐ消えるほど柔らかい。グルメピエロ(オス)が選ぶこの店のベストはこれ!!

「Pork Spare Ribs(ポーク・スペアリブ)」(1ポンド$19)。理想のポークリブです。ポークリブってソースがたくさんかかってて、甘ったるかったりするのも多いいんだけど、これはソースの甘さがちょうどいい。飽きが来ないので1本じゃ足りないと思う。柔らかさも抜群です。

「Pulled Pork(プルド・ポーク)」(1ポンド$18)。これもめっちゃ美味しかった。しっとりしていて、味がしっかり染み込んでいました。

「Sliced Texas Hot Guts Sausages(スライス・テキサス・ホットガッツ・ソーセージ)」(1本$8)。割と辛めなのですが、その辛さが次の一口を誘う罪なやつ。こんな癖のある人になりたいものです。皮はハードめです。

「Tangy Coleslaw(コールスロー)」($3)と「Green Chile Corn Pudding(グリーンチリ・コーン・プディング)」($3.5)。それぞれサイズは1番小さいシングル!コールスローはパクチーが入っていてかなり爽やか。普通のコールスローの爽やかさが5ならこれは30爽やか。コーン・プディングはコーンの甘さがやさしくて、本当にプリンみたい。粒も入ってて見た目も綺麗だし、食感の違いも楽しい。

「Pickles & Pickled Onion(ピクルス&ピクルド・オニオン)」。野球選手に生まれていたら良い中継ぎ投手になっていたでしょう。全体を壊さず試合をしっかりと引き締める。完璧な役回り。肉!肉!と来た口の中をしっかりとリフレッシュしてくれます。

ちなみにソースは3種類選べるのですが、肉自体が完成しているので正直いっていらないです。ソースとドリンクはセルフサービス!

まとめ

お会計

レシート写真撮り忘れました・・・これだけ食べて合計$40

店舗詳細

Lewis Barbecue
(ルイス・バーベキュー)


営業時間:火〜土 11:00-22:00
     土・日 12:00-22:00

定休日:なし

電話番号:+1-843-805-9500

公式サイト:http://www.lewisbarbecue.com/

住所:464 N Nassau St, Charleston, SC 29403

オススメ度

★★★★☆

★☆☆☆☆ 行く価値なし
★★☆☆☆ 微妙
★★★☆☆ 美味しい
★★★★☆ 絶対にまた行きたい
★★★★★ 唯一無二の感動店

※自信を持ってオススメするのが★4以上!

ここは夢の国でしょうか?とても楽しかったです。「肉をドカっと大量に調理するから大味なんでしょ?」というイメージは銀河の彼方へ消え去りました。BBQって奥深い。中心街からは車だったらすぐなので常連さん的な方はバーガーにして肉を挟んでいましたが、今回のように肉だけ食べるだけならプロテイン中心の食になるので体にも良いのでは?南部の人が大きい理由もわかる気がします。

あー本場テキサスでBBQ旅するしかなくなってしましました!いつかのテキサス編お楽しみに!そしてテキサス情報はツイッターやインスタなどで教えてください!!

↓ニューヨークの人気バーベキューと言えば、こちら!

↓美味しい肉グルメはインスタグラムからも!!

↓大変励みになりますので、以下のバナーをポチッとクリックしてくださると嬉しいです!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
カテゴリー