マンハッタン

NYグルメ|太らないアメリカ飯その2。上質な野菜を美味しく食べる!女性シェフのお店「232ブリーカー」

調子に乗って食べすぎて、胃を壊したグルメピエロ(メス)です。

食べても太らない、胃への負担もきっとかからないアメリカンなレストラン「232 Bleecker(232ブリーカー)」を紹介したい。新鮮なローカル野菜がふんだんに使われているのだけど、どれも野菜の味と旨味が引き出されていてとっても美味しい。ニューヨークのミシュラン星付きレストラン、グラマシー・タバーン出身の女性シェフによる料理は確かな味です!!デトックスデーにオススメ!!

232 Bleecker(232ブリーカー)

アクセス

232ブリーカーは、ウェストビレッジにあります。

お店は角です。気がついたことが、ここのお店に来てる人、みんな細い!!!!(笑)ビーガンの人たちがよく来るんじゃないかと思いました。

厨房には女性がたくさん働いています!それが印象的でした。オーナーシェフの方は、グラマシー・タバーン出身なのだと。

野菜が主役の料理たち

野菜が主役なのが、メニューを見てもよくわかります。

こちらは「Sloop Juice Bomb IPA」($8)。本当にジュースみたいに、飲みやすい。

「Baked Moses Sleeper Cheese」($21)。焼きチーズにチェリージャムとパンがついてきます。

このパンがめちゃくちゃ美味しい!!たっぷりのバターで揚げ焼きしてるような感じ。バターの旨味を吸っていて、尚且つ表面カリッカリ。チーズとジャムとベストマッチでした。(これはカロリー高いかも?笑)

ここのお店にきたら、これ頼むべし!!「make it a bento box(野菜の副菜3種盛り)」($18)。店員さんにオススメされたのですが、好きな野菜の副菜3つ選べるやつ。こちらの売りである野菜を、複数種類楽しめるので良い。

「hot honey carrots」。少し辛みを感じる蜂蜜でグリルされた、あまーくてホクホクした人参。サイドに添えられているリコッタチーズと合わないわけない。人参が止まらないなんて初めて(笑)ひまわりの種がアクセントに。

「warm potato salad」。滑らかな歯触りのじゃがいもを、味噌バターで和えたもの。まろやか〜これもとても美味しいです。

「beets & cara cara orange」。ビーツが柔らかーくて、まるで柿のような甘みがあって、美味しさにびっくり!!そしてカラカラオレンジ、ウルトラジューシーでした。次スーパーで見つけたら買おうと決意。

メインには、「squash & pepper lasagna」($25)。バターナッツ・スクワッシュとピーマンのペーストのラザニア。ザ・ビーガン飯ですね。野菜の甘さが出ていて美味しいのだけど、これは流石にちょっと物足りなく感じた。味にもうひとパンチ欲しい(笑)

まとめ

お会計

1杯ずつ頼んで、チップ前で2人で$83.82

店舗詳細

232 Bleecker
(232 ブリーカー)


営業時間:火〜木・日 17:00-20:30
     金・土   17:00-21:30

定休日:月曜日

電話番号:+16469055800

公式サイト:https://www.232bleecker.com/

予約サイト:https://resy.com/cities/ny/232-bleecker

住所:232 Bleecker St, New York, NY 10014

オススメ度

★★★☆☆

★☆☆☆☆ 行く価値なし
★★☆☆☆ 微妙
★★★☆☆ 美味しい
★★★★☆ 絶対にまた行きたい
★★★★★ 唯一無二の感動店

※自信を持ってオススメするのが★4以上!

野菜がたっぷり美味しく食べられて、罪悪感ゼロ!!!お客さんも皆スリムだったので、これは太らないご飯だと確信しました(笑)ただ、夜に行くと物足りなさが際立つ気がするので、ブランチで行くのがちょうどいい気がする!

↓太らないアメリカ飯その1はこちら!!!(笑)

↓いつもクリックしてくれるそこのあなた、ありがとうございます!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー