ニューヨーク郊外

ロングアイランドのワイナリー巡り| NY最高のカベルネ「Lenz Winery」

グルメピエロ(メス)です。

ワインの生産量がアメリカで3番目に多いのがニューヨーク州であることをご存知でしょうか?ロングアイランドには90以上のワイナリーがあって、北東部ノースフォークに集中している。マンハッタンから電車で3時間、ロングアイランドの先端まで遊びにきた我々の目的は、、、まさにワイン!

ということで、怒涛のワイナリー巡りをこれから紹介!最初に行ったのは、NY最高のカベルネ・ソーヴィニヨンが飲めるというLenz Winery(レンズ・ワイナリー)へ。

Lenz Winery(レンズ・ワイナリー)

アクセス

レンズ・ワイナリーは「North Fork Wine Trail」と呼ばれる「ワイン街道」沿いにある。何軒もワイナリーが連なり、ワイナリーはしごにうってつけ。

行く方法は車か自転車!アルコール検知基準が日本とは違うこともあり、皆さん車でまわっているようだが、我々は免許まだとってなかった・・・ということで自転車一択!!

滞在していたグリーンポートから自転車で片道45分(笑)Google マップで片道30分と出したけど、絶対嘘。けど道のりは平坦なので、意外といける。

不安な方は、運転手を雇うか、ツアーに参加した方がよさそう!

ワイン街道には、ワイナリーがたくさん並んでいる。ぶとう畑を眺めながら自転車で走るのも楽しい。

到着!

雰囲気

到着すると、一面にぶどう畑が!!

ここから入る。

通り抜けた先には・・・

可愛い建物!!

好きな席につくように言われた。いい感じの雰囲気!事前予約して行ったけど、飛び込みでも大丈夫そう。

ワインのテイスティング

さぁ、早速ワインだ!5種類のテイスティングコース($25)を選んだ。

まずは白&ロゼのワイン3種。左から、ピノグリ、ロゼ、シャルドネ。

ピノグリは爽やかで外飲みにちょうど良い感じ!ロゼは蜂蜜の香り広がる〜そしてシャルドネは樽感が強くて、蜂蜜やバニラの香りも。

続いて赤ワイン2種。左から、メルロー、オールドヴァインのカベルネ・ソーヴィニヨン。

メルローはシダと樽の香り、甘くて柔らかい。カベルネは、少し革っぽさを含んだ複雑な香りで、お肉と合いそうでとても美味しい。ワイナリーの人が、「ニューヨークのベストカベルネに選ばれた」と説明していた。買おうかな〜と思ったけどボトル$55・・・この値段出せばもっと良いものが買えそうなのでやめておいた(笑)

ニューヨーク州の新規定で、飲食店でお酒だけの注文ができなくなったので、チーズも注文した。これが厄介な規定(笑)けど、チーズは美味しかった。

ぶどう畑を前にして飲むワインは美味しい、楽しい、大好き〜〜〜!ルンルンです。

まとめ

ワイナリー詳細・予約方法

予約は以下の予約サイトから可能!事前決済されます。

Lenz Winery
(レンズ・ワイナリー)


営業時間:日〜金 10:00-17:00
     土   10:00-18:00

定休日:なし

電話番号:+16317346010

予約サイト:https://www.exploretock.com/lenzwine/

公式サイト:https://lenzwine.com/

住所:38355 NY-25, Peconic, NY 11958

オススメ度

★★★★☆

★☆☆☆☆ 時間の無駄
★★☆☆☆ 微妙
★★★☆☆ 普通
★★★★☆ 行く価値アリ
★★★★★ 行かなきゃ損

5種類$25で飲めて、総合的に美味しかったので是非立ち寄るべし。ぶどう畑を眺めながら、心地良い風を感じつつ飲むワインは最高。マンハッタンの喧騒を抜け出して、優雅な気持ちを取り戻せそう。ニューヨーク旅行の際に1日ワイナリー巡りに充てれば、大都会と自然を両方味わうことができるので良いかもしれない。

↓ランキングに参加してますので、よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー