NY生活

東京ドーム43個分!NY郊外の青空美術館「ストーム・キング・アートセンター」【マンハッタンから電車で2時間】

一応、アートについて学んでいた、グルメピエロ(オス)です。

アウトドアに行きたい、でもオシャレにアートも楽しみたい。そんな2つの願望を一度に叶えてくれるのがニューヨーク郊外にある屋外型の美術館Storm King Art Center(ストーム・キング・アートセンター)です。広大な敷地には100以上の現代アートがあり、広々とした草原にレジャーシートを引いてお弁当を食べても最高です。マンハッタンからだと車で1時間強、電車で2時間くらいなので、日帰りのビクニック気分で行けてオススメです!

Storm King Art Center(ストーム・キング・アートセンター)

ストームキングってどんな場所?

ストームキングは1960年に誕生した屋外型アートセンター。青空のもと現代アートを楽しむことができます。屋外型現代アートセンターでは最大規模の作品を持ち、その規模はなんと500エーカー=東京ドーム43個分に相当します。

マンハッタンのウォール街付近にあるこちらの大きな赤いモニュメントの製作者、イサム・ノグチの作品も展示されています。

膨大な敷地内には、100以上のアート作品が置かれています。単純に敷地を1周しようとしても2時間、ガッツリ見ようと思うと4時間くらいはかかると思います。

アクセス

マンハッタンからストームキングへの行き方は、車、電車、バスの3択です!そして、行き方によってチケットの買い方が異なります。詳しいチケット価格などはこちらから。

車があればよいのですが、ない場合は電車かバス。今回我々はグランドセントラル駅から電車で行きました。ちなみにバスはポートオーソリティー駅から出ていました。

マンハッタンから電車で2時間

電車で行く場合、ビーコン駅を目指します。チケット価格には駅からのシャトルバス代も含まれていて、購入する際にシャトルバスの出発時間なども指定します。

グランドセントラル駅からビーコン駅へ向かいます。電車賃はピークとオフピークで違いますが、往復で約25~30ドルの間くらい。

電車で大体90分ほどで到着します。駐車場は駅を挟んで両側にあるのですが、シャトルバスが来るのは川に面していない方、陸側の駐車場です(場所が分かりにくかった)。バス乗り場の看板を目指して行ったところに、シャトルバスが到着します。

ちなみにこのビーコン駅にはディア・ビーコンという現代美術館もあります。そちらは駅から徒歩で行けます。

ビーコン駅からバスに乗ること30分、ストームキングに到着します。シャトルバスサービスは土日のみ(要注意!)。

帰りも同じ場所から出発します。

ここはドラクエの世界?自然とアートの大融合

ストームキングに到着して、すぐ驚くのがその広大な敷地。見渡す限りの大草原は圧巻です。

そんな大草原の中に点在するアート。見えるのに中々次のアートまでたどり着きません。

あまり意図はわからない。けど青空に映えて綺麗。そしてデカイ。

ロシア系アメリカ人のアレクサンダー・リーバーマンさんの「Iliad」という作品。この突起部分で畏怖を表現しているのだか。その感受性は残念ながらグルメピエロにはなかった・・・アート系の大学を出た意味(笑)

グルメピエロの先を行く旅人たちを発見。グルメピエロが行ったのは週末でしたがそこまで人はいないので、青空と大地とアートを心置きなく楽しめました。

多分、勇者が伝説の剣を手に入れる場所。ダンジョン感がすごい。この旅人たちは生きて帰れるのでしょうか・・・

マーク・ディ・スヴェロさんの「E=MC2」。アインシュタインのあれ。わずかな物質にも,膨大なエネルギーが秘められている的な意味のやつ。確かに膨大なエネルギーは感じる。強いドラゴンとかが巣にしてそうだもん。

宙に浮いてる!!どうなってるの?なんかすごい!!

イスラエルのアーティスト、メナシェ・カディシュマンさんの「Suspended」という作品。錯覚的な印象や、重力に対する固定観念へ疑問符を与えるのが目的みたい。グルメピエロの感想はどうやら合っていたみたい(笑)現代アートって難しい。

この人の作品は日本の立川にある「ファーレ立川」という複合施設にも展示があるようです。

モンスター的なやつも登場。顔半分地面に埋まってるマンが謎の足三本に踏みつけられています。痛そう。

中国人アーティストのジャン・ホァンさんの作品「Three Legged Buddha」。この顔はアーティストの人の自画像なんだそう。内部でお香を炊くと、目や足先から煙が出てくる仕組みなんだとか。

現代アートって難しい。でも自然とアートの融合は美しい。

こんな森の中の道もあります!森林浴が気持ちいい。ここでは、野生のターキーにも出会いました。

食べ物はほぼありません(笑)アウトドアカフェは30分前にオンライン注文しておいて、ここで受け取ります。けどメニュー見た感じ、あんまり期待できそうになかったので、サンドイッチを持参しました。

まとめ

推奨!持ち物リスト

  • 歩きやすい服・靴
  • 帽子(全然日陰がない)
  • 水筒(水補充スポット有)
  • お弁当(カフェがあるけど、メニューは充実してない)
  • レジャーシート(あれば◎、テーブルはたくさんある)
  • 折れない心(マジでどうしようもなく広い)

想像以上に歩きます。それだけ注意!!

あと、注意点としては水洗トイレが1か所にしかない!ビジターセンター的な建物の裏にあります。それ以外は恐怖のぼっとん便所・・・。

ストームキング詳細

Storm King Art Center
(ストーム・キング・アートセンター)


営業時間:10:00-18:30

定休日:火曜日(12月から4月は冬季休業)

電話番号:+18455343115

公式サイト:https://stormking.org/

住所:1 Museum Rd, New Windsor, NY 12553

オススメ度

★★★☆☆

★☆☆☆☆ 時間の無駄
★★☆☆☆ 微妙
★★★☆☆ 普通
★★★★☆ 行く価値アリ
★★★★★ 行かなきゃ損!

デカイ、圧倒される&いい運動になるのでピクニック先を探しているのであれば最適だと思います。ただ、車がないと如何せん行きにくいところなのでそこがネック。カフェは30分前にオンライン注文が必要で、水洗トイレは1カ所しかありません。日陰がないので、夏に気軽に行く場所ではありません。気合を入れて行くことをおすすめします。自転車のレンタルもありますが、起伏が激しいこと、整備されていない道が多いので借りるのは得策ではないと思います。

↓本業はグルメブログです。さらに北上すれば、こんないいところがニューヨークに!!

↓いつもクリックしてくれるそこのあなた、ありがとうございます!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー