NY生活

NY暴動情報|荒れ果てた街のいま

グルメピエロ(オス)です。

コロナと暴動のダブルパンチを喰らったニューヨーク。
買い物に出ると街が一変していました。その状況をお伝えします。

高い壁に覆われたNYの街

H&Mには暴動が起きても店を守るために壁が。
人の高さよりも遥かに高い。

数日前、ボロボロにされた任天堂ショップ

この時は警官が守っていたが、前を通ってみると何の店だか分からなくなっていた。

完全防御。二階にある土管だけ見えている・・・。

ニューヨークのシンボルも・・・

エンパイア・ステート・ビルディングも1階を完全ガード。

街はとても殺風景になってしまいました・・・

どうしてこうなった?破壊のあと・・・

買い物のために街を歩いていると・・・道にあるATMに異変が。

あれ?壊されてる?

こんなにもモノが破壊されている瞬間をみたことがなかった・・・
どうやったら壊せるのだろうか?

経済情勢が悪くなると暴動が起こる。日本人には理解できないことだけど、海外では当たり前。それほど貧富の差が激しいのだ。こんな極限の状況だからこそ、日本の治安の良さ、住み良さを感じた。

デモは続く、タイムズ・スクエアは厳戒態勢

デモの勢いは止まりません。
でも彼らはあくまで平和的に、自分の意思を伝えるために戦っている。
悪いのはこれに乗じて暴徒化した人たちだけ。

ただ、暴徒が出る限り街の厳戒態勢は続いています。
タイムズ・スクエアには車が立ち入れない状態に。

暴徒がタイムズ・スクエアをめちゃくちゃにするという噂もあり、街の中心部は硬くガードされていた。

誰もいないタイムズ・スクエア。電光掲示板の広告だけが光る異様な光景。
早く正常に戻ることを願うばかり。

↓ランキングに参加してますので、よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

 

 

カテゴリー