オーランド

ディズニーワールド|予約必須!パークチケット購入方法の徹底ガイド【パークホッパーやフォトパスとは?】

ディズニー+の加入が意外にも長続きしている、グルメピエロです。

アメリカはフロリダ州オーラーンドにある世界最大のテーマパーク「Walt Disney World(ウォルト・ディズニー・ワールド)」は4つのテーマパークからなり、1日では絶対にまわれない規模。数日間に分けて行くことになると思いますが、その際に結構難しいのが事前予約必須となるパークチケットの購入です。

エクスペディアの日本語サイトなどもありますが、手数料がかかる上に非常に分かりにくく、どのみち公式サイトを通じたパーク予約が必要になるので、公式サイトからの購入がおすすめ。この記事ではパークチケットの購入方法からチケットの種類追加サービスのフォトパスなどについて徹底解説しています!

パークチケットの購入方法

ディズニーワールドの場合、余裕をもったパークチケットの購入が必要です。今でこそ東京ディズニーリゾートも入場制限していてオンライン予約・購入制になりましたが、日本で行き慣れているとかなり複雑に感じると思います。

チケット購入はこちらから。

パークチケット購入手順
  1. 4つのパークの空き状況確認
  2. 1〜10日間からチケット必要日数を選ぶ
  3. チケットの種類を選ぶ(1日1パーク、パークホッパー等)
  4. チケット利用期間・人数を選ぶ
  5. フォトパス(オプション)をつけるかどうか選ぶ
  6. ディズニーアカウントにログインor登録、同行者の名前も登録
  7. 支払い&購入完了
  8. パークの予約

ざっとしたチケット購入手順です。ではこれに沿って詳しく紹介します。

①4つのパークの空き状況確認

ディズニーワールドは、予約制です。「チケットを買ったけど、行きたいパークが空いてなかった!」というのは最悪なので、買う前にこちらから4つのパークの空き状況を必ず確認しましょう。

ディズニーワールド公式サイトのスクリーンショット。サイトはこちら

1〜2週間先は、どこかしらのパークは埋まっていると考えた方が良いです。ちなみに、ディズニーワールドで一番混むのは月曜日らしい!

グルメピエロは上海ディズニーで大失態!何も調べずに弾丸で行ったら、予約制で当日チケットも購入できず!当方に暮れる中、ダフ屋と話をつけ入園しました。正面口をスキップして入れたうえに、何故か定価より安くチケットを手に入れるという奇跡でその場を切り抜けましたが、フロリダにはそんな人いないのでしっかりチケットを事前に購入してからパークへ向かいましょう(笑)

上海ディズニーで助けられたダフ屋。色のコーディネートはミッキーと同じ。

②1〜10日間からチケット必要日数を選ぶ

パークチケットが何日分必要か、1〜10日間から選びます。日数が多ければ多いほど、1日あたりの価格は安くなります。

③チケットの種類を選ぶ

チケットは全部で4種類あり、それぞれ値段設定も違います。一番安いのは、1日1パークのチケットです。

  1. 1日1パーク
  2. 1日1パーク+ウォーターパークやゴルフ場など
  3. パークホッパー
  4. パークホッパー+ウォーターパークやゴルフ場など

基本的に悩むのは、1日1パークにするかパークホッパーにするかでしょう。これは滞在日数や行きたいパーク数、体力、予算との相談です。

グルメピエロの場合、1日1パークが体力的に限界だろうと踏んで、パークホッパーは断念しました。ただ実際に行った感覚でいうと、隣り合う2つのパーク「ハリウッド・スタジオ」と「エプコット」はパークホッパーしても良かったかなと思いました。といっても、パークホッパーはチケット価格が跳ね上がるので、そこがまた悩みどころ。

④チケット利用期間・人数を選ぶ

チケットの種類を選んだら、利用期間を選択します。

こちらは、4日間のパークホッパーチケットを購入する場合の画面です。この条件のチケット価格は1人$572.33です。4日間のチケットを指定した場合、7日間のうち好きな4日を選んでパークに行くことができます。連続した4日間である必要はありません。

チケット価格は変動制で、どの期間を選択するかで価格は変わってくるので、パークに行く予定日を含む1番安い期間を指定するのが吉!ちなみに、同じ条件となる「4日間の1日1パークチケット」の価格は1人$487.33なので、パークホッパーの方が約17%高い計算。

あとは人数を選んで、先に進みます。

⑤フォトパスをつけるかどうか選ぶ

チケット購入時によくわからず悩んだのが、追加オプションです。

「Memory Maker(メモリー・メーカー)」のオプションを事前購入するかどうか、聞かれます。これはパーク内で「Disney PhotoPass(ディズニー・フォトパス)」というサービスが利用できるというもの。後から追加することもできますが、チケット購入時に追加する方が安い。

グルメピエロはサービス内容がよく分からなかったのでオプション追加しませんでしたが、パーク内でサービスを目の当たりにすると「結構いいかも」と思いました。知らない人にいちいち頼まなくても、ベストスポットで照明などもしっかりしたプロが写真を撮ってくれて、アプリを通じて簡単に保存できるのは便利。

⑥ディズニーアカウントにログイン、同行者の名前も登録

さて、チケット内容がきまったら、チェックアウト(決済)に進みます。この時に必要になるのが、ディズニーのアカウントへのログインです。

日本で作ったアカウントがあれば、同じものが使えるのでそれでログイン。ない場合はアカウント作成へと進みましょう。名前や住所などを入力すればすぐに作ることができます。

続いて、チケット利用者の名前を登録します。年齢も必要です!

⑦支払い&購入完了

あとはカード情報など入力して決済して終了!

チケットの確認番号とバーコードはメールで届くので、保存しておきましょう。

⑧パークの予約

チケット購入後、絶対に忘れてはいけないのがパークの予約です。こちらから予約します。

チケットを購入した際のディズニーアカウントにログインして、日付と行きたいパークを選択して、予約完了です!これでディズニーワールドのチケットはバッチリ!

パークチケットの使用方法

購入したチケットはパークに到着するまでにすぐに使える状態にしておくとスムーズです。その手順も紹介します!

アプリにチケットを紐付け

ディズニーワールドに行く際にダウンロード必須となるディズニーワールドのアプリと、チケットを紐付けます。

アプリ上でアカウントにログインしていれば、自動的に紐付けされるかと思いますが、出来ていない場合は「Ticket and Passes→Link to Account」で、メールに届いた確認番号を入力するか、バーコードを読み込ませましょう。

さらに、アプリ内から「Disney MagicMobile Pass(ディズニー・マジックモバイル・パス)」を有効にすると、スマホをかざすことでチケットになります。アップルウォッチとも連携させることができるほか、専用のリストバンド「MagicBand(マジックバンド)」もあります。

マジックバンドはパーク内の至る所に売っていて、デザインも豊富で可愛いので、持っている人がかなりいました!人気のため購入制限があるデザインも。

キャラクターデザインのチケットをもらう

スマホやマジックバンド以外にも、キャラクターデザインの入ったカード型のチケットがあります。こちらは、パーク入口の窓口でもらう必要があり。

窓口でチケットのバーコードと身分証などを提示すると、カードをもらうことも出来ます。どのキャラクターが当たるかは、お楽しみ!スマホでタッチも便利ですが、カードは可愛い!

ちなみに、グルメピエロ(オス)がもらったカードは全く知らないマイナーキャラ。当たり外れに一喜一憂するのも、また一興では・・・(笑)

ライトニング・レーンなどでチケット提示

チケットはパーク内の様々な場面で必要になります。

チケット購入後、さらにオプションで付けることができる有料の「Genie+(ジーニー+)」というサービスを使って、予約できる待ち時間短縮サービス「Lighting Lane(ライトニング・レーン)」などを通る際や、フォトパスなどを利用する際に必要になります。すぐに出せる場所にしまっておきましょう!

↓ジーニー+やライトニングレーンなどの利用方法は、こちらの記事の最後の方に詳しく書いています!
↓ディズニーワールドに関する記事一覧はこちらから!

↓大変励みになりますので、以下のバナーをポチッとクリックしてくださると嬉しいです!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー