ナパバレー

ナパバレー|知る人ぞ知る!19世紀から続くブティックワイナリー「エラーズ・エステート」【日本未流通】

グルメピエロ(オス)です。

ナパバレーといえば世界に名を轟かす有名なワイナリーがたくさん思い浮かび「大規模なところばかりなのでは?」と思っていたのですが、隠れ家のような可愛いブティックワイナリーを見つけました!他のワイナリーの人にどこに行ったか聞かれて名前を出すと「お前わかってるな!」と言われる玄人には名のしれたワイナリーらしい。しかも日本ではまだ流通していないということで、ナパバレーに行かないと味わえない素晴らしい体験に。感動ワインとの出会いもあります!

Ehlers Estate(エラーズ・エステート)

実は老舗?エラーズ・エステートってどんなワイナリー?

エラーズ・ワイナリーの始まりは古く19世紀の後半。エラーズさんがこの土地を購入。エラーズさんの死後も20世紀前半までは奥さんがワイナリーを継続。その後様々な人の手を経て今のオーナーの元へたどり着きます。20世紀末に売りに出されていた土地を買い戻し、今世紀に入ってやっと「新エラーズ・エステート」としてのワインを出したそうです。

ちなみに、これがワイナリーが始まった当時(1886年)に建てられ、今も現存しているメインの建物です。趣があります。

さらに最近になって技術面の人を多く招聘しているそうで今後に期待のワイナリーなのでもあります!ちなみに、日本ではまだ展開していません!ということで、ここに行かないとエラーズのワインには出会えません!ただ、日本人はリテラシーが高く味が分かる人たちだと言っていて興味はあるそうなので、いいインポーターさん、ぜひお願いします(笑)

アクセス

エラーズがあるのは、ナパの街セント・ヘレナの近く。近くにはワイワイ楽しめるブラスウッドのレストランとワイナリーがあります。ナパ名物?の飲んだくれでぶっ倒れてるアメリカ人たちがみれるかも?(笑)

歴史を感じるワイナリー

先ほど紹介した19世紀からあるこの建物。めっちゃ可愛い。こんなに長く持つなんて石造りの建物って頑丈なんですね。

いざ中へ。中にも飲めるスペースは一応あるんだけど、天気がいいのでもちろん外で。飲む前に、ちょっとしたワイナリーツアーも。

醸造施設はあまり大きくない。600ヤードほどの敷地なので500平方メートルくらい?

個別にワイナリーの特徴を解説してくれます。このおじさん丁寧でかつ気さくな感じでめっちゃいい人。「コンクリのタンクを使ってるのは、コンクリだと微妙にワインが息をすることができてそれがステンレスのタンクと違っていいんだよー」と言っている図。

さて、飲むために外へ。

風景画のようにめっちゃ綺麗。遠くに見える家はエラーズのものではないらしいです(笑)。こんなところに住めたら最高だろうなー。

外もいい感じ。オリーブの木がいい。ヨーロッパみたいだ。

ブティックワイナリーで至福の一時を

Estate Tasting($75)を予約してこの日に挑みました。他にもクロワッサン付きの朝食テイスティング(予約一杯で取れなかった)やカベルネ飲み比べなどもあります。

まずはロゼ。みずみずしく、ほのかなメロンぽい香り。スタートにはちょうどいい感じです。

続いてはPortrait 2016($65:1本買いの値段)。ジューシーでちょっとスパイシー、果実味も適度にある。グルメピエロ(メス)は今年のNo.1ワインに認定していました。そして、こちらはニューヨークにも持ち帰り!

ポートレイトという名前の由来は「その年を写す」という意味で付けたんだそうです。熱い年はカベルネ・ソービニオン主体に。寒い年はカベルネ・フランが主体になるんだそうです。今回我々が飲んだ2016年は干ばつから抜けちょうどいい気候の年だったそうで、そういう意味でもとてもバランスが良いワインが出来たと言っていました。

先ほどのポートレイトも構成したカベルネ・フラン($72)。心地いいタンニンで、酸味がしっかりしていました。

左から。

J. Leducq($90):カベルネ・ソービニオン。ジューシーで味わい豊か。余韻も長い。
1886($125):カベルネ・ソービニオン。上のやつよりもまろやかで味の輪郭がしっかりしている感じ。存在感が強くて下の上に長く残っている感じでした。

おじさんと仲良くなって談笑したりしていたら、「もう一つとっておきがあるから」とオマケを持ってきてくれました。

いろいろ話を聞いたり、メモしていたりしてい他のでグルメピエロをリサーチャーだと思ったようだ・・・(笑)いつもそうだけどなぜ我々はこんなにツイているんだろう。グルメの神様ありがとう(笑)

こちら、エラーズのオンラインショップでも販売していないワイン。「1886の2012年バージョン」。いちごっぽいフレッシュさがありつつもこれまでのワインとは明らかに違う深み。とにかくここで飲んだ中で一番レベルの高いワインという感じでした。

美味しいって素晴らしい。

まとめ

店舗詳細

Ehlers Estate
(エラーズ・エステート)


営業時間:9:30-16:00

定休日:なし

電話番号:+17079635972

公式サイト:http://www.ehlersestate.com/

予約サイト:https://www.ehlersestate.com/Visit/Visiting#Appointment%20Inquiry(こちらのフォームを記入)

住所:3222 Ehlers Ln, St Helena, CA 94574

オススメ度

★★★★☆

★☆☆☆☆ 行く価値なし
★★☆☆☆ 微妙
★★★☆☆ 美味しい
★★★★☆ 絶対にまた行きたい
★★★★★ 唯一無二の感動店

※自信を持ってオススメするのが★4以上!

有名ワイナリーにばかり行くのではなくて、こういう新たな出会いと発見があるのが旅のいいところ。人もすごくよくて席に一緒に座ってダラダラ喋ったりと、なんか日本で言うところの居酒屋?くらいのテンションでした(笑)実力ももちろん高く、知っていると鼻も高いかも?

他にもナパバレーのかっこいいワイナリーはこちらに。

ワイン情報はインスタでも投稿しています。よかったら是非!

さらに!ナパの旅はYouTubeでも展開しております!こちらもよかったらみてください。4Kもあります。

↓いつもクリックしてくれるそこのあなた、ありがとうございます!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー