マンハッタン

NYグルメ|上半期最高の一皿と出会う懐石料理。新ミシュラン1つ星「ツキミ」【最強の日本酒ペアリング】

ニューヨークグルメを食べ尽くしたい、グルメピエロ(メス)です。

2021年、ミシュラン1つ星店の仲間入りをした「Tsukimi(ツキミ)」に行ってきました!ずっと行きたいと思っているうちにミシュランを獲得して、ヤバイ行かなきゃ!!と思って駆け込みました。はっきり言って、大感動です。私的に上半期で最も美味しい一皿に出会い、日本を感じまくり、細部までこだわり抜かれた美しい料理たちに癒されまくり。その上、日本酒ペアリングはニューヨーク最強と言えるでしょう。日本でも見たことのないお酒が続々と登場し、その美味しさに震えた。なかなか頻繁に行ける金額ではないですが、是非とも定期訪問したいお店です。

Tsukimi(ツキミ)

アクセス

ツキミがあるのは、イーストビレッジです。

青い月をモチーフにしたのれんが目印!半地下になってます。

日本酒ペアリング

店内は、2つのカウンター席が向かい合っているというなかなか珍しい配置で、牛丼屋スタイル(失礼)。でも雰囲気は金を基調にした、素敵な作りです。

素敵な器がカウンター席から見えてきます!!可愛い!!

料理はテイスティング・コース($195)1択で、5時か8時から一斉スタートします。ドリンクメニューで俄然気になっていたのが、料理一皿一皿に合わせて出てくるという日本酒&ワインペアリング($125)。今回はなんと、9種類!!日本酒だけ、ワインだけもあったけど、両方飲みたい〜〜〜!!

まず出てきたのが「八海山・あわ」。嬉しい!!!コロナ前に行った日本酒イベントで飲んでから、出会えていなかった。シャンパン製法で二次発酵しているのが特徴です。きめ細かい泡でしゅわっと、甘めの口当たりで、素敵なディナーのスタートです!

こだわり抜かれた料理たち

お料理は最初に前菜3種。とっても繊細そうで美しい料理が、素敵なお盆と器にのってきたので、最初からテンション上げ上げ。

「ポテト&トリュフ」。ポテトチップスのような殻の中には、滑らかトリュフクリームが入ってる!トリュフが香って、外サクッと中フワッとの食感も美味しい〜〜〜もっとクリームたっぷり入れて欲しい!笑

アボカドのセビーチェ。座布団の上に乗った素敵な一品です。サクサクで厚めの海苔の上に、オリーブやピスタチオの入ったスプレッドに、アボカドが乗ってます。いろんな食感が楽しめて、楽し美味しい!

イカとフィンガーライム。フィンガーライムとは、上に乗っている緑のとびっこのような粒々。味はライムのような柑橘類で、別名キャビアライムとも言われているらしい!イカのプリプリ食感に、フィンガーライムのプツプツ感、そしてタルトのサクサク。こちらも食感が楽しい!

なんじゃこりゃあああああ!?

「南部美人・オール麹」だと?全く見たことがない。正直、ニューヨークの日本食に行って出てくる日本酒の多くは、大体同じような銘柄になってしまう。けどここは、日本でさえ見たことのないような日本酒をバンバン出してきます。これぞ真の日本酒ペアリング。素晴らしい!!!

南部美人・オール麹は、その名の通り100%麹米で作ったお酒。まるで栗のような香ばしさと甘み、そして濃さ。めちゃくちゃ美味しくて、びっくり仰天。しかし、ここで更なる驚きが襲ってくる。

これです、これ。神のような美味しさだった上半期最高の一皿。

「ポテトクリームのキャビア&雲丹のせ」。どのくらいの美味しさだったかというと、一口食べて美味しさの余りおったまげてのけ反っていたら、同じようにおったまげていた真向かいの見知らぬお客さんと目がバチっと合い、「これ、美味しすぎない!?」と言葉を交わし、思わず一緒に笑ってしまうほどの美味しさです。

ベースとなるポテトクリームはチーズが効いていてとにかく濃厚&滑らかクリーミー。その上に出汁が香る餡のようなソースがかかっていて、雲丹とキャビアのトッピングと見事に融合。そして、さらに深くスプーンを掘ると、2度目の驚きが。

ご飯が入ってる!!!!!

しかも普通のご飯じゃなくて、餅米っぽいような、弾力と硬さもある感じの食感が強めのご飯。ポテトクリーム・雲丹・キャビアの御三家に、ご飯も加わって、神4だ。これ、食べ終わりたくなさすぎて、泣ける。そしてこの濃厚さが、あの「オール麹」とめちゃくちゃ相性抜群なのです。最高だよ。

「天明・純米吟醸」。パキッとしていて、パワフル!

「イングリッシュピーのポタージュ帆立添え」。優しい出汁で、サラサラとした飲みごこち。ミントオイルが爽やかさをプラス。

「天狗舞・涼吟」。天狗舞は大好きだけど、これも初お目見え!!!めちゃくちゃ爽やかで、普通の天狗舞に比べてサラッとしていて軽くて、飲み過ぎ注意な日本酒です。

「ヒラメ」。ヒラメのお刺身に、柚子胡椒と塩昆布、マイクロしそが乗っています!柚子胡椒のピリ辛さに、塩昆布の旨味成分、そしてしその爽やかさが、ヒラメを包み込む。細かく刻まれた塩昆布は、食感的にもアクセントになっています。日本酒とのペアリングが最高すぎて、無限ループに入れそうだ。

「マグロ」。マグロにミョウガとしそが乗っています!これは想像できる味かな。

「Ballard cartet Bourgogne Blanc」。ついにワインのターンに突入。結構爽やかです。

日本酒セレクションに感動しすぎて、日本酒終わるのが悲しすぎる。オール日本酒コースにすればよかったと後から後悔(笑)

「ヤングコーン」。ヤングコーンのグリルの上にはポップコーンを粉々にしたという粉、コーンのソースという、コーン尽くしの一皿!これまた超美味しいです。コーンの甘みが口いっぱいに広がって、ポップコーンのチーズ感と塩味がすごく良いアクセントに!!!

「Ravines Dry Riesling」。フィンガーレイクス行ったけど、知らなかった!青々しい感じ。

「鴨肉のロースト」。ジューシーで弾力のある鴨肉に、粒マスタードのソースが美味しい!ししとうのソースも面白かった。カブは甘みたっぷり。

「Bernhard Ott Der Ott」。ミネラル感。

「金目鯛」。金目鯛、ホロホロでトロトロで、旨味も詰まっていて最高・・・!!!貝類をベースにしたお出汁との相性抜群です。フランスのワイルドアスパラガスは、ねっとり感もある食感で、お出汁と絡めて食べると美味しい。

日本酒のお猪口も撮りそびれたけど全部可愛くて、こういう箸置きまで可愛いのです。きゅん。。。

「Abbatucci “Faustine” Rouge」。プルーンのような濃い香りに、野苺っぽさも。

「和牛ご飯」。新潟県こしひかりの土鍋ご飯に、宮崎県和牛の炭火焼。ここら辺はもう8杯飲んでいることもあり超酔っ払ってるんだけど、無我夢中で食べました。美味しすぎて。柔らかーいお肉は炭火の香りに甘辛いタレがかかっていて、木の芽のスパイス感がアクセントになっていて良い!

「ヨーグルトとブドウ」。オリーブオイルがかかっているので、いい香り。爽やかでお口さっぱり。甘すぎないのも良いです。

「サケ・ベルムース」。最後の最後に、これまた面白いお酒が出てきた!!!日本酒と焼酎がベースになっているという日本のリキュール!お湯割でいただきましたが、ゆずの香りがして、爽やか!

「アスパラガスのアイスクリーム」。これも美味しかったなぁ・・・。添えてあるのは、アスパラのチップス!ほんのりとアスパラ香るアイスクリームは無限に食べられそうだ。

そしてなんと、最後にお抹茶!!!!

ひゃーーーーー!!!!嬉しすぎ。

「餅きな粉とホワイトチョコレートのマカロン」。日本風のマカロン。適度の甘さでモチモチしていて美味しい!

お抹茶・・・染み渡る。最高の〆です。天才!!!!!

最後に、綺麗な巾着袋に入ったメニュー表をいただけます!

まとめ

お会計

お会計は2人で$773.23(1人$386)。コース代金(サービス料込)は予約時に支払い済みなので、お店では差額を払います!

店舗詳細

Tsukimi
(つきみ)


営業時間:17:00 or 20:00 スタート

定休日:月・火

電話番号:不明

公式サイト:http://www.tsukimi.nyc/

予約サイト:https://www.exploretock.com/tsukimi/

住所:228 E 10th St, New York, NY 10003

オススメ度

★★★★☆

★☆☆☆☆ 行く価値なし
★★☆☆☆ 微妙
★★★☆☆ 美味しい
★★★★☆ 絶対にまた行きたい
★★★★★ 唯一無二の感動店

※自信を持ってオススメするのが★4以上!

最高の料理と、最高の日本酒を一緒に楽しめる、最高のお店だと思います。あの雲丹が乗った一皿は感動もの。全体的な料理のレベルが高すぎて、ほとんどの料理に驚きがあったからか、特にイングリッシュピーやマグロ、鴨肉など(美味しいのですよ)は「あれ?もっとこのお店の感じを全面に出して欲しい!!!」と勝手に思いました(笑)季節ごとに変わるメニューを全部制覇したくなる、ツキミ流の味付けを知りたい味わいたい身を委ねたい気持ちにさせる、そんなお店です。そして、神レベルの日本酒ペアリングが圧倒的におすすめ!!!


↓日本食なら、鳥心の「セレクト・カウンター」も感動もの。

↓日本で一番大好きなこのお店を思い出すような料理が多くて、感動した。

↓大変励みになりますので、以下のバナーをポチッとクリックしてくださると嬉しいです!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー