ナパバレー

ナパバレー旅の拠点におすすめ!食事&ワイナリー充実の街「セントヘレナ」徹底ガイド!【便利な旅マップ付】

旅行って準備してる時が一番ワクワクしてるよね。グルメピエロです。

ナパバレーで各地に点在するワイナリーを効率よく回るためには、拠点選びがめっちゃ大切。拠点とする街を変えつつ巡るのが効率的だと思います。グルメピエロのナパ旅行で2泊を過ごしたのがナパバレーの中央に位置する「St. Helena(セントヘレナ)」。セントヘレナは日本でもとても人気のワイン「オリン・スウィフト」や「プリズナー」のほか、ミシュランで3つ星を獲得したシェフが開いたレストランなど、おいしいグルメとクールなワイナリーが集まる楽しい街です。

今回のブログでは、セントヘレナ周辺のおすすめグルメから、ワイナリー、ホテルやお土産屋さんまで徹底網羅しています!!これを読んでおけば旅行準備はバッチシです。

St. Helena(セントヘレナ)

セントヘレナってどんなところ?

セントヘレナはサンフランシスコから車で2時間弱、ナパのダウンタウンから25分ほどの距離にある街です。ナパの地域を移動する時には必ず通る街なので「ナパのメインストリート」と呼ばれたりもしています。街中にワイナリーがあったり、パン屋、スーパー、ギャラリーなどなど観光の街ということで何でもあります。治安も良く、夜酔っ払って歩いても基本的に問題のない街です。

セントヘレナの良いところはアクセスの良さです。南北に伸びるナパバレーの中央に位置することもあり、ワイナリーを効率よく回ることができます。

AVA(American Viticultural Areas)=アメリカ政府が承認したぶどうの栽培地域としては、セントヘレナAVAがあります。この地域には大小合わせて80を超えるワイナリーがあるとされています。セントヘレナは西側に山があることで霧や涼しい風から守られるため、他の地域に比べ温暖なのが特徴です。

グルメピエロはワイナリー巡りを初める前はこの本でワインについての予備知識をつけました。もっと詳しい本はたくさんありますが、これは図解が楽しいのでかなりアリ!

基本を知ればもっとおいしい!ワインを楽しむ教科書 Let’s enjoy WINE/大西タカユキ【1000円以上送料無料】

ちなみに、セントヘレナってアフリカ大陸とブラジルの間の大西洋に浮かぶ島もあるんですね(全くいらない情報・・・笑)。

ベストシーズン

ナパバレーのベストシーズンは3〜5月の緑が深まるシーズンと8月〜10月の収穫シーズンとされています。多くの旅行サイトやブログではこう書いていますが、この情報はグルメピエロ的には若干古いと思います。というのも最近では夏に乾燥と熱波による大規模な山火事が発生。風向きや山火事の勢い次第では、ナパバレーも被害の対象となってしまうためです。山火事による直接的な被害がなくても灰が飛んでくることなどから収穫の時期を早めるなど、収穫のタイミングを計算して訪れるのは難しくなってきています。

そのためグルメピエロのおすすめは3〜5月です。
朝はけっこう温度が下がりますが、日中は半袖短パンくらいがちょうどいい気候です。

平均最高気温平均最低気温
3月18℃(64.1°F)5℃(40.2°F)
4月20℃(68.1°F)5℃(41.5°F)
5月23℃(72.6°F)8℃(45.5°F)

アメリカは℉とかマイルとか独自ルールが多すぎて大変・・・
ちなみに華氏℉→摂氏℃は32℉が0℃です。まじで意味不明。ただアメリカ人は自分のルールを押し付けてくるので、頭の中で簡単に換算できるようにしておくといいと思います。

(華氏°Fー32)÷1.8=摂氏℃となります。とりあえず、30を引いて2で割れば大体の気温がわかります。

歩いてまわれる小さな街

セントヘレナの街の中央にはナパバレーを南北につなぐ道路が通っていて、その両サイドに商店が立ち並んでいます。お店が立ち並ぶのは1キロちょっとで、歩いて端から端まで行けるサイズ感です。

セントヘレナのワインは高級なものから、身近なものまで幅広くあります。

ニューヨークの老舗ステーキ屋の「ピーター・ルーガー」のオリジナルワイン。これもセントヘレナで製造しているそうです。ピーター・ルーガーに4度訪れて肉の焼き方を徹底検証しています。こちらもどうぞ。

グルメピエロ的旅マップ

グルメピエロがセントヘレナを拠点にしたときの行き先をまとめました!活用していただけると嬉しいです!

ホテル

ナパバレーのホテルは全体的に高く、安くても1泊$200はします。セントヘレナのホテルも、同程度の価格設定です。

セントヘレナは親しみやすい観光の街という雰囲気なのですが、もっと高級なリゾートホテルを求めるのであればセントヘレナでなく南側に位置するヤントビルで探すのがオススメです。ヤントビルはまた街の雰囲気がガラッと変わって面白いです。こちらにも2泊したので、ヤントビル編はまた別途紹介します!

ワイダウン・ホテル

今回宿泊したのは、セントヘレナのメイン沿いにあるWydown Hotel(ワイダウン・ホテル)」。セントヘレナは小さな街なので、お店もレストランも全て徒歩圏にあり、立地は良いと思います。

こちらがホテルの入り口。客室は1フロアにしかなく、小さなブティックホテルです。ホテルの裏手に駐車場があり、使いやすかったです。

ロビーはこんな感じ。おしゃれなホテルです。

ここでは軽めの朝食サービスも。コーヒーやフルーツ、ちょっとしたパンなどが食べられます。

今回宿泊した部屋はこんな感じ!週末に宿泊して、1泊410ドルでした。かなり高いですが、当時予約可能な部屋ではこれがほぼ最安だった。

ホテルの予約・最新価格の確認はこちらから!
>>ExpediaでWydown Hotelを予約する
>>Booking.comでWydown Hotelを予約する

写真だと分かりづらいですが、部屋はかなり広いです!!詳しくは以下の動画で確認ください!

他の部屋とも共有のベランダがありましたが、シャワーに面していたので結局使わなかった。

■Wydown Hotel(ワイダウン・ホテル)
予約サイト:https://www.wydownhotel.com/
オススメ度:★★★☆☆

ホテルの雰囲気は映像でもどうぞ!この日に訪れたリッジ・ヴィンヤードについてもこの映像に収まっています。こちらもぜひよろしくお願いします〜!

ワイナリー

とにかくカッコいい!!「オリン・スウィフト」

セントヘレナの街中にはいくつかのワイナリーがあります。Orin Swift(オリン・スウィフト)」もその1つ。

グルメピエロが訪れた時にはコロナの影響なのか街中の店は閉まっていて、セントヘレナから車で10分くらいの場所にあるワイナリーを間借りしてテイスティングを行なっていました。最新のテイスティング場所については公式サイトをチェックしてみてください。下記のブログ内にリンクがありますので、詳しいオリン・スウィフト情報を知るついでにどうそ!

このワイナリーの特徴はまず見た目のカッコよさ。もちろん味も最高なのですが、このクールで伝統に縛られていないデザインがアメリカだなーと感じさせてくれます。グルメピエロのワインインスタにもちょくちょく登場しています。グルメピエロはオリン・スウィフトのワインが大好きで一応、全ての種類をトライしてきました。

グルメピエロのおすすめは「Eight years in the Desert(エイト・イヤーズ・イン・ザ・デザート)」。このワイナリーから独立したプリズナーと8年間はジンファンデルを作らないと契約、その期間の辛さがこの名前に現れているんだそう。優しさもありつつ果実味もあるワインです。うまい。

>>Wine.comでオリン・スウィフトのワイン価格をチェック!

エイト・イヤーズ イン・ザ・デザート [2018] ジンファンデル・ブレンド 750ml ■ ザ・プリズナー ワインカンパニー (旧)オリン・スウィフト・セラーズ カリフォルニア/ナパ・バレー 赤ワイン The Prisoner Wine Company/Orin Swift Cellars

■Orin Swift(オリン・スウィフト)
公式サイト:https://www.orinswift.com/
オススメ度:★★★★

あなたもきっと囚われる「プリズナー」

さきほど登場したオリン・スウィフトから独立をしたのがThe Prisoner Wine Co.(ザ・プリズナー・ワインカンパニー)」です。ラベルのデザインからもその独特な雰囲気を受け継いでいるのが分かりますね。

プリズナーはブドウ畑を持たないワイナリーなので、ブドウ畑を眺めながらワインを飲むという体験はだきません。その代わりに、フードペアリングが体験できます。

>>Wine.comでプリズナーのワインをチェック!

餃子とワイン?というなかなか想像し難いペアリングもあり、とても楽しい体験ができます。街のワインショップには売っていない、ここでしか飲めないワインもあります。詳しくは↓↓から。

ザ プリズナー 2018 750ml赤ワイン アメリカ

The Prisoner Wine Co.(ザ・プリズナー・ワインカンパニー)
公式サイト:https://theprisonerwinecompany.com/
オススメ度:★★★★

知る人ぞ知るブティックワイナリー「エラーズ・エステート」

世界に名を轟かす有名なワイナリーが数多くあつまるナパバレーですが、小さくまだ有名じゃないワイナリーもたくさんあります。そうしたワイナリーを見つけて自分のお気に入りにするのもワイン旅の魅力。

グルメピエロが旅の中で出会ったのが、かわいいブティックワイナリーのEhlers Estate(エラーズ・エステート)」。日本ではまだ流通していないとのことですが、実力はピカイチ!!

石造りの建物が目印です。いい味出てますね。

おじさんが詳しくワイン作りについてなど教えてくれます。

庭でワインをいただきます。オリーブの木がきれい!先ほどのおじさんと会話しながら、一杯づつ解説してくれます。人柄も良くてすごく親しみが持てました。

ちなみに、他のワイナリーに行った時にどのワイナリーをまわったのかをよく聞かれるのですが、「エラーズに行ったよ」と答えると「お前わかってるな!」と言われます。他のワイナリーも認める実力で、玄人はすでに目をつけ始めている?という感じです。有名になる前に訪れておくのもアリかもしれません。

アメリカならネットで購入可能!
>>Wine.comでエラーズ・エステートのワイン価格をチェック!

■Ehlers Estate(エラーズ・エステート)
公式サイト:https://www.ehlersestate.com/
オススメ度:★★★★☆

グルメ

朝ごはんスポット

ガソリンスタンドのベーカリー「ステーション」

朝ごはんスポットとしておすすめなのが、ガソリンスタンド兼ベーカリーのSTATION(ステーション)」。これは史上最強に可愛いガソリンスタンドです。

メープルドーナツとキッシュがめちゃくちゃ美味しかったです!お店の脇に、食べるスペース有!!

■STATION(ステーション)
公式サイト:http://stationsh.com/
オススメ度:★★★☆☆

イングリッシュマフィンが人気「モデル・ベーカリー」

朝から大行列のパン屋さんThe Model Bakery(ザ・モデル・ベーカリー)」。イングリッシュマフィンが有名とのこと!

朝7時台でこの行列です。大人気!

イングリッシュマフィンを使ったサンドイッチを買いました。味は普通の美味しさでした(笑)

■The Model Bakery(ザ・モデル・ベーカリー)
公式サイト:http://themodelbakery.com/
オススメ度:★★★☆☆

お昼ご飯スポット

ワイナリーが運営する「ブラスウッド・バー&キッチン」

ワイナリー巡りの合間のランチにおすすめなのが、ワイナリーがやっているレストランがBrasswood Bar + Kitchen(ブラスウッド・バー&キッチン)」。ベーカリーもあるようです。

このチーズのバケットにコーンスープなど、前菜類がとっても美味しかった。メインは普通です。

■Brasswood Bar + Kitchen(ブラスウッド・バー&キッチン)
公式サイト:http://www.brasswood.com/
オススメ度:★★★☆☆

カリフォルニアのバーガーチェーン「ゴッツ・ロードサイド」

カリフォルニアで数店舗展開しているバーガーチェーンGott’s Roadside(ゴッツ・ロードサイド)」。西海岸を代表するバーガーチェーン「In-N-Out Burger(イン・アンド・アウト・バーガー)」のような大規模チェーンではなく、ローカル食材を使うことにこだわっているようです。

バーガーのこんがり感が美しい!ただ、味は普通かな。シェイクシャックの方が好きです(笑)

チリフライ。美味しい!

■Gott’s Roadside(ゴッツ・ロードサイド)
公式サイト:https://www.gotts.com/
オススメ度:★★★☆☆

夜ご飯スポット

ファーム・トゥ・テーブルのレストラン「ファームステッド」

自家農場の食材をふんだんに使った「Farm To Table(ファーム・トゥ・テーブル)」の超人気レストランがFarmstead at Long Meadow Ranch(ファームステッド・アット・ロングメドウランチ)」。夕方ごろに食べに行くとすでに超満員。

野菜を使ったメニューが美味しかったです。蟹を使ったクラブロールも良かった!

■Farmstead at Long Meadow Ranch(ファームステッド・アット・ロングメドウランチ)
公式サイト:https://www.longmeadowranch.com/eat-drink/restaurant
オススメ度:★★★☆☆

ミシュラン3つ星シェフのレストラン「チャーター・オーク」

こちらもファーム・トゥ・テーブルのレストランThe Charter Oak(ザ・チャーター・オーク)」。昨年の山火事で焼失してしまったナパバレーの3つ星レストラン「The Restaurant at Meadowood」のシェフがやっているカジュアル寄りのお店です。

サツマイモのグリルがとっても美味しかった。野菜が主役の料理がおすすめ!

■The Charter Oak(ザ・チャーター・オーク)
公式サイト:https://www.thecharteroak.com/
オススメ度:★★★☆☆

お土産

お土産充実の地元のスーパー

セントヘレナで立ち寄ると良いのが地元スーパーSunshine Foods Market(サンシャイン・フーズ・マーケット)」。お土産やナパのワインが手に入ります!!朝早くから営業しているので、隙間時間に行きやすい!

チョコレートが充実!!!

お土産に最適な「Woodhouse Chocolate(ウッド・ハウス・チョコレート)」もここに売っています!ドライフルーツのはいったチョコがとても美味しい。ここの店舗もセントヘレナにあるのですが、営業時間内に行けなかったので、スーパーで買えるの助かる!

これ、フレンチランドリーに行くともらえます。それを知らず、ここでも買った。全く甘さのない、ザ・カカオのチョコです(笑)

■Sunshine Foods Market(サンシャイン・フーズ・マーケット)
公式サイト:https://www.sunshinefoodsmarket.com/
オススメ度:★★★☆☆

手作りマスクが可愛いお土産屋

セントヘレナの街は魅力的なお店がすごく多くて、つい色々と買い物してしまったのですが、Findings Napa Valley(ファインディングス・ナパバレー)」で買った手作りマスクがとっても重宝しました!!ワインやナパバレーの柄になっていて、とっても可愛くてお土産にもなる。作りがしっかりしていて、フィット感も良くて愛用しています。

■Findings Napa Valley(ファインディングス・ナパバレー)
公式サイト:https://www.facebook.com/findingsnapavalley/
オススメ度:★★★☆☆

セントヘレナはナパバレー全体へのアクセスも良く、全てが揃っているのでここを拠点に旅を組み立てるのは非常にありだと思います。スーパーもあるのでエアビーアンドビーなどで一軒家やアパートを借りて長期滞在するのもアリかも!?

ニューヨーク・マンハッタンから電車で行けるワインの産地はここから!!

アメリカの素晴らしいワイナリーはグルメピエロのインスタグラムでも投稿中!!こちらもよろしくお願いします。

↓大変励みになりますので、以下のバナーをポチッとクリックしてくださると嬉しいです!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー