MENU
ワイン・お酒

自宅待機の思い出ワイン①プリズナー

グルメピエロ(オス)です。

NYは外出制限が出て1ヶ月が経ちました。
何もすることがないので、家でひたすらワインを飲んでいます・・・
ということで、今回は自宅待機中によく飲んでいる「ザ・プリズナー・ワイン・カンパニー」のワインを紹介します。

フラグシップ 「ザ・プリズナー」

プリズナーといえば、まずはこれ。フラグシップの赤ワイン、「The Prisoner(ザ・プリズナー)」

ジンファンデルがメインのブレンドワイン。黒系のベリーと樽の香り。スパイシーでもあるんだけど、強すぎず適度なのがいい。肉と合わせたら最高!
飲む価値大いにアリ、いや、むしろ飲むべし。

日本で買うと値段が結構するのがネック・・・1万円くらいだった記憶。
ただ、アメリカだと店によっては日本の半額くらいで買える!!
重要なので2度書きます。半額です!!

NYのワインショップの相場はだいたい52〜57ドルの間くらい。
グルメピエロ調べで今のところ一番安いお店は「トレーダー・ジョーズ・ワインショップ」。日本人がお土産を買う定番のスーパー、トレジョーのワインショップでは42ドルで販売していた。安い!!オフィシャルサイトより安いってどういうことなの・・・?
アメリカに来たらぜひお土産に!

目隠しで感覚研ぎ澄ます?「ブラインドフォールド」

シャルドネなど7種類のブドウでブレンドされた白ワイン、「Blindfold(ブラインドフォールド)」
「ブラインドフォールド=目隠し」という意味。

とても飲みやすくて、食事にフレンドリー。プリズナーのワインはラベルの強烈なインパクトとは違って、どれもとても飲みやすいのもいい。

ちなみに「ザ・プリズナー」も「ブラインドフォールド 」もラベルの絵はスペインの画家ゴヤの作品らしい。ゴヤというとあの子供を食べる怖い絵が思い浮かぶ・・・

ステーキ屋で出会った運命のワイン「ソーン」

グルメピエロが激推しするステーキ屋「クラブAステーキハウス」で出会ったワイン、「Thorn(ソーン)」。果実味がありつつ、ソフトな飲み口がとてもいい。肉とのマッチは絶妙だった。

日本ではあまりみない気もする。こちらのワイン屋でもあまりないので、見つけ次第すぐに買っている。

ステーキ屋の詳しい情報は、以前のブログをみてください。
NYグルメ |コスパ最強「クラブAステーキハウス」

日本であまりみないシリーズ

プリズナーで最もコスパに優れているのが「Unshackled(アンシャックルド)」

ナンバーロック錠みたいなデザインがかっこいい。
ブルーベリーとプラムに樽が香る。とても飲みやすく、ゴクゴク飲んでしまうので注意!

価格はこちらのワイン通販で27ドルだったので、フラグシップのプリズナーの大体半額くらい。美味しさとコスパを考えるとこれを2本買う方がいいのかも?

こちらも日本ではあまり見ない「Cutting(カッティング)」
果実味が心地よく、少しコーヒーのような香りがする。
グルメピエロ(オス)的にはかなり甘みを感じた。

こちらでの価格もフラグシップのプリズナーを上回っている。日本に持って行ったら高くなることもあり、アメリカで見たらマストでトライ。

他には「SALDO(サルド)」というジンファンデル のワインも。

ごめんなさい。これはあまり記憶にない・・・。数ある飲んだワインの一本くらいの思い出なので、グルメピエロの意見としては、出会っても見逃してよし。

グルメピエロ的には、おすすめは「Thorn(ソーン)」「Unshackled(アンシャックルド)」
この2本は是非!!

↓ランキングに参加してますので、よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

自宅待機を活用して(仕事そっちのけで・・・)どんどんワインを開けているので、インスタも是非チェックしてみてください。

カテゴリー