ブルワリー巡り

メイン州ポートランド|地元ビールが大集結!「ワン・インダストリアル・ウェイ」【5店一気に飲み比べ可】

グルメピエロ(オス)です。

メイン州ポートランド、有名なのはロブスターだけではありません。地域としてニューイングランドに分類されるメイン州はビールもめちゃくちゃうまい!土地が広いアメリカはブルワリーとブルワリーの間隔が離れてていて中々飲み歩きと行かないのが難しいところですが・・・見つけてしまいました。ブルワリーが一堂に集まる素晴らしい施設!!その名も「One Industrial Way (ワン・インダストリアル・ウェイ)」、メイン州ビールを一気に飲み比べます。激うまフードトラックも来ていました!!

One Industrial Way (ワン・インダストリアル・ウェイ)

アクセス

ワン・インダストリアル・ウェイは、ポートランドの中心部から車で10分強くらいの場所にあります。

ビールを飲むということで我々はウーバーを利用。片道10ドル程度でたどり着きました。ただウーバーで訪れる客はあまりおらず、他の客はガンガン車で来ていました。自己責任の国アメリカ、すごい・・・(笑)

ワン・インダストリアル・ウェイ周辺には5つのブルワリーがあります。この倉庫のような建物に4つ。さらに、歩いて30秒のところには今回行ったもう一つのブルワリー、そして東海岸で有名なアラガッシュ・ブリューイング(Allagash Brewing Company)も!

アラガッシュは、NYのブルックリン・ブルワリーやフィラデルフィアのヤーズ・ビューイングのような、クラフト・ビールの域を超えたブルワリーといったイメージかな?今回は行きませんでしたが、行ったら絶対楽しいと思う。

フィラデルフィアのビールまとめはこちらから(クリックすると別タブで開くよ)。

念願のブルワリーはしご

Austin Street Brewery(オースティン・ブルワリー)

まずはここ。訪れた時はちょうど7周年ということで、記念のビールも出ていました。

ドラフトを目の前で入れてくれます。この敷地内のブルワリーとしては中くらいのサイズ感。熟成している樽が並んでいるのがかっこいいですね。

ブルワリーの目の前にベンチがあり、そこでそのまま飲むことができます。

「7 Year Anniversary(Double IPA)」(左)と「Rally(Session IPA)」(右)。
セブンはあまり香りはなく、その代わりに苦味がガツンっとくる。パワフルなビール。ラリーも酸味や苦味の方向性は似ている。このブルワリーは香りよりも苦味を大切にする感じでしょうか。

ただ、酸味の中に少し嫌な雑味があり個人的にはそこまで好きではなかった。ただ、この店で流れてる曲はめっちゃいい。グランジ系のロックが流れてて雰囲気を醸し出してる。

■Austin Street Brewery(オースティン・ブルワリー)
公式サイト:http://www.austinstreetbrewery.com/
オススメ度:★★★☆☆

Battery Steele Brewery(バッテリー・スティール・ブルワリー)

この敷地内でNo.1ブルワリー!!マストで訪れるべし!

敷地内でおそらく1番小さいのですが、強烈な個性を打ち出していて、味で存在感を見せています。

グルメピエロの心を打ち抜いたのが「Flume 3(Triple IPA)」。まろやかでクリーミー、味に奥行きがあり飲んでいて楽しいです。ペールエールよりもホップを大量に使うIPA、それよりも使うダブルIPA、このビールはそれを上回るトリプルIPAです。強さがインフレしていくスーパーサイヤ人みたいな感じですね・・・。

ただ、このトリプルIPA、単に苦さがめちゃくちゃ強いというわけではないんです。というよりもむしろその苦さをうまくコントロールしていて飲みやすい、その絶妙なコントロールが味の分厚さを感じさせてくれているのだと思います。

グルメピエロは4種類を購入。

青とカラフルなやつがおすすめです。2ダースくらい買ったので、ビールでキッチンが埋まってしまった・・・(笑) オレンジのトリプルIPAはちょっと甘くて青とは方向性の違うトリプルIPAです。

■Battery Steele Brewery(バッテリー・スティール・ブルワリー)
公式サイト:http://batterysteele.com/
オススメ度:★★★★☆

George’s North Shore(ジョージズ・ノース・ショア)

インダストリアル・ウェイには美味しいフードトラックもやって来ます。日によって違うお店が来るようですが、訪れたこの日は超当たり!!激うまB級グルメでした。

金・土だけここに来ているというフードトラックです。お昼時はかなり行列していました。メニューはローストビーフサンドイッチのみ!

「Classic North Shore Beef Sandwich(クラシック・ノース・ショア・ビーフ・サンドイッチ)」($10)。出来立てでホカホカ。中身が気になるー。

はい、見るからにうまい確定な感じ。一口食べれば・・・

至高。病みつき必至。

しっとり超柔らかい薄切りローストビーフがたっぷり挟まっていて、ソースはケチャップ&マヨをベースにした甘辛。ローストビーフの食感はちゅるちゅるっとしていて、飲める(笑)デブ冥利に尽きるとはこのことだぜ!!思いがけない美味しさにびっくり。

緑のフードトラックが目印です。ふとメイン州で見つけた時には訪れてみてください!

どこにいるかはインスタでチェックできます!

■George’s North Shore(ジョージズ・ノース・ショア)
※移動販売、金・土はここ!スケジュールはHPやインスタで要確認
公式サイト:https://www.georgesnorthshore.com/
オススメ度:★★★★☆

Foundation Brewing Company(ファウンデーション・ブルワリー・カンパニー)

ここも結構大きく店を構えている。この敷地の入り口側に面していることもあり、客はひっきりなしに来ていた。

カウンターも他と比べ広々。左側の壁、オリジナルグッズも充実していました。

軽めのビールから、アルコール度が10%を超えるパワフルなものまで幅広く用意してる。

すみません、どれかのIPAを飲みました・・・飲み過ぎて記憶が飛んでしまいました(笑)でも記憶に良いも悪いも残っていないのでめっちゃ普通だったんだと思います。

■Foundation Brewing Company(ファウンデーション・ブルワリー・カンパニー)
公式サイト:http://foundationbrew.com/
オススメ度:★★★☆☆

Definitive Brewing Company(ディフィニティブ・ブルワリー・カンパニー)

これまでに紹介したブルワリーとは別の区画に構えています。店構えもサイズ感も他と比べると少しお兄さんな感じ?ビールのラインナップも多いです。

巨大なタンクの横でビールを飲みます。

「Sweet Life Ver.2(スウィート・ライフ・バージョン2)」(左):パパイヤの甘さがグワっと出ていてジュースみたい。甘酸っぱさと甘さのバランスがとっても楽しい。こういうフルーツ/サワービールはたくさんは飲めないからこのサイズがとても嬉しい!

「Definitive IPA(ディフィニティブIPA)」(右):店員さん曰く、このお店の顔と呼べるIPA。芳醇で苦味が適度に効いて来てバランスがいい。

■Definitive Brewing Company(ディフィニティブ・ブルワリー・カンパニー)
公式サイト:http://definitivebrewing.com/
オススメ度:★★★☆☆

まとめ

店舗詳細

One Industrial Way
(ワン・インダストリアル・ウェイ)


営業時間:12:00-19:00(店舗により異なる)

定休日:店舗により異なる

住所:1 Industrial Way, Portland, ME 04103

オススメ度

★★★★☆

★☆☆☆☆ 行く価値なし
★★☆☆☆ 微妙
★★★☆☆ 美味しい
★★★★☆ 絶対にまた行きたい
★★★★★ 唯一無二の感動店

※自信を持ってオススメするのが★4以上!

ビールを一気に楽しめて、移動の心配もないのでオススメ!酒飲みにとってこんなに楽しい場所があるでしょうか?メイン州は思い切ってここを州都にするべきだと思います。飲み歩きを前提に小さなサイズを1種類から提供してくれるブルワリーも多いので、ありがたいです。

↓ニューヨークのマイベストなブルワリーはこちらから。

アメリカのブルワリー巡りはインスタでも投稿しています!馬鹿みたいな飲み比べの様子をどうぞ・・・(笑)

↓いつもクリックしてくれるそこのあなた、ありがとうございます!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

カテゴリー