ニューヨーク州

NY激うまハンバーガーおすすめ8選!【老舗から新店まで】クセのある注目店やミシュラン店も

グルメピエロ(オス)です。

ステーキ激戦区のニューヨークですが、ハンバーガーも激しい戦いが繰り広げられてます。チェーン店をはじめ、バーガー特化の店、ミシュラン店など様々な店が個性豊かなバーガーを提供しています。ニューヨークならではの国際色豊かなフュージョンバーガーから、肉の旨みを生かしたドストレートなバーガーまで幅広いバーガーが楽しめます。ニューヨークの人気バーガーを食べ尽くした我々が、ベスト5を選んでみました!

NYCハンバーガーランキング

NYハンバーガーマップ

今回登場するバーガーの立地をまとめました!

5位:Gramercy Tavern(グラマシー・タバーン)

ミシュラン1つ星店の作るシンプルバーガー

ミシュラン1つ星でグーグルマップの表示は予算$$$$の高級店Gramercy Tavern(グラマシー・タバーン)」。ミシュラン店のバーガーと聞いて奇をてらったものを想像しましたが、意外にも直球ストレートで勝負してきました。

肉肉しいパティに、カリカリベーコンのしょっぱさ、チェダーチーズの濃厚さがベストマッチ。デリバリーで注文しましたが、またぜひ店でも食べてみたい。

詳しくはこちらから!

■Gramercy Tavern(グラマシー・タバーン)
公式サイト:https://www.gramercytavern.com/
予約サイト:https://resy.com/cities/ny/gramercy-tavern?date=2021-06-17&seats=2
オススメ度:★★★★☆

4位:Emily(エミリー)

NYのベストバーガーを選ぶ記事で必ずと言っていいほど上位に入っているのがEmily(エミリー)」です。デトロイト風の四角いピザが有名なのですが、名物はハンバーガー。ドロッとした秘伝のソースが特徴です。

写真映えが異常!こんなの深夜に見たらどうなってしまうのか・・・(笑)

赤みがかった秘伝のソース「エミーソース」にはなんと、キューピーマヨネーズが使われています。世界に認められた日本の味!(笑)どこか食べやすいのもその影響かもしれません。プリッツェルバンズも特徴的です。

エミリーはYouTubeにもアップしてみました!このドロッと感を映像でもぜひ。

■Emily – West Village(エミリー ウェスト・ビレッジ店)
公式サイト:https://www.pizzalovesemily.com/
予約サイト:https://resy.com/cities/ny/emily-west-village
オススメ度:★★★★☆

3位:Hall by Odo(ホール・バイ・オドー)

こちらはミシュラン1つ星の懐石レストラン「Odo」が展開しているカフェ・バーのお店HALL(ホール)。懐石料理のお店とは違って気軽に利用できるのが特徴です。ミシュラン店の系列とあって味はピカイチ。和牛を取り入れたバーガーは絶品でした。

他にも宮崎牛を焼肉風にしたものを間に挟んでいるバーガーも!このバーガーはベーコンの代わりに何を入れるのか?の部分を遊んでいる感じがして良かった。ストレートにバーガーの良さも生かしつつキャラクターを出しているバランスがよかったです。

HALL(ホール)
公式サイト:https://www.hall.nyc/
オススメ度:★★★★☆

番外編:Double Chicken Please(ダブル・チキン・プリーズ)

バーガーランキングに最後まで入れるか迷った名店がこちら。「Double Chicken Please(ダブル・チキン・プリーズ)」。今流行のチキン・バーガーということもありランキングからは外しましたが、実力最強。バンズの間に肉を挟んだもの選手権なら1位に選んでいるかもしれない。

いわゆるバーガーと違ってチキンなので軽いのも特徴。なんだかヘルシーな気もしてお得感も感じる(絶対ヘルシーじゃない・・・笑)。軽いのでお腹が空いている時は2つ食べてしまうのもありだと思う。そして断言しますがこれは絶対に流行る。というか多店舗展開すると思う。数年後に全国チェーンになる前にチェケラするのはどうでしょうか?

■「Double Chicken Please(ダブル・チキン・プリーズ)」
予約サイト:https://resy.com/cities/ny/double-chicken-please
公式サイト:http://www.doublechickenplease.com/
オススメ度:★★★★★

2位:4 Charles Prime Rib(4チャールズ・プライム・リブ)

我々にとってNo.1ステーキ屋の「4 Charles Prime Rib(4チャールズ・プライム・リブ)」。ハリウッド俳優のジョージ・クルーニーも御用達の名店です。さらにここは、ステーキだけでなくハンバーガーも美味しい。このバーガーだけをサクッと食べに行く人もいるほど。

分厚いベーコンに半熟目玉焼き。熟成肉のパティが素晴らしいハーモニーを生んでいます。シンプルなパティに美味しいものをいろいろ乗せて足算していく感じ

ただ貧乏性なのでこのバーガーだけ食べてお腹いっぱいになるのはもったいないので、次に行く時は多めの人数で行ってこれを一口もらおうと思う(笑)

■4 Charles Prime Rib(4チャールズ・プライム・リブ)
公式サイト:http://www.nycprimerib.com/
予約サイト:https://resy.com/cities/ny/4-charles-prime-rib
オススメ度:★★★★★

1位:Red Hook Tavern(レッド・フック・タバーン)

ニューヨーク最強のバーガーに我々が決めたのがこちら。Red Hook Tavern(レッド・フック・タバーン)」。ブルックリン の端の方にあり、マンハッタンからはかなりアクセスの悪い場所にあるのですが、その立地を跳ね除けるほどの素晴らしさ。ここを食べずにニューヨークのバーガーを語るべからずなのです。

食べかけでごめんなさい(笑)。

ここの素晴らしいのはその真っ直ぐの強さ。ドストレート直球勝負です。余計なものはいらない。シンプル・イズ・ベスト。その頂点を極めた味です。これは全部が掛け算で乗っかっていく感じで、融合感がすごい。

Red Hook Tavern(レッド・フック・タバーン)
予約サイト:https://resy.com/cities/ny/red-hook-tavern
公式サイト:https://www.redhooktavern.com/
オススメ度:★★★★★

個人的な好みなのかドストレートなバーガーが上位にランクインしましたが、日本でもネタの良さを生かしているお刺身がいいように肉の良さをしっかり生かしてくれるお店がやはりいいように感じます。シェイク・シャックも美味しいですが、こうしたニューヨークに根差したお店に行くのも楽しいのではないでしょうか?

バーガー激戦区の風変わりバーガー

Saigon Social(サイゴン・ソーシャル)

ベトナム風のバインミー・バーガーを提供しているのが「Saigon Social(サイゴン・ソーシャル)」です。バインミーなのかバーガーなのかハッキリしてよ!と言いたくなるところですが、やはりアメリカ人にはバーガーが刺さることもあり提供しているのでしょう。

レバーがパテに塗り込まれててクセが強い!風変わりなバーガーを求める時は行ってみてください。

Saigon Social(サイゴン・ソーシャル)
公式サイト:http://saigonsocialnyc.com/
オススメ度:★★★☆☆

Nowon(ノウォン)

韓国系バーガーを出しているのが「Nowon(ノウォン)」。キムチマヨのソースを使っています。

割と小ぶりでアジア人向けな感じです。横のテイタートッズは、蜂蜜ソースがかかっていて絶品。

Nowon(ノウォン)
公式サイト:https://www.nowonnyc.com/
予約サイト:https://resy.com/cities/ny/nowon
オススメ度:★★★☆☆

どの店もこの激戦区の中でいかに自分のカラーを出すかを必死に考えて、そこに自国の要素をどれだけ入れられるか!みたいなやり方です。個人的な感想としてはもっと自国のカラーを出して欲しいところ。なぜそれを思ったのかというと・・・上記の強者たちの存在があるからなのです。

グルメピエロはニューヨーク市内から出たところでもバーガーを探しています(笑) ニューヨークのリゾート地ロングアイランドのグリーンポートで食べたバーガーも美味しかった!

↓ニューヨークのステーキランキングも是非!!

↓日本で一番好きなハンバーガーはこちら。ここめっちゃうまかったな。日本に行ったら絶対に食べるお店。

↓大変励みになりますので、以下のバナーをポチッとクリックしてくださると嬉しいです!ランキングチェックもここから〜

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
カテゴリー